Nori’s Room


二級建築士          宅地建物取引主任者    インテリアコーディネーター    福祉住環境コーディネーター   FPの家のオーナー      ハングフライヤー       家庭菜園3年生
by lala200year-chiba
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

最近多いです

最近リフォームで多いのが電気温水器からエコキュートへの取替え工事です016.gif

電気温水器を当初取り付けてから年月が経ち、そろそろ製品の寿命でしょうか、

不具合が生じる場合もあり、交換をされたいとのご要望を頂きます005.gif

電気温水器からエコキュートへの取替えの場合、現在使用している配線が

そのまま使用できるか、温水管は大丈夫か等々、いろいろと確認をします027.gif
c0152017_20462011.jpg

c0152017_20463543.jpg

c0152017_20483387.jpg

また、追い炊きをされたいとのご要望を多く頂くので、新たな配管が可能かどうかも

チェックさせて頂き、交換に際して不具合が起きないか確認させて頂きながら、

最新のエコキュートへの交換工事を行わせて頂いております058.gif









[PR]

# by lala200year-chiba | 2016-03-24 20:55

ニャンとも綺麗になりました!

20年前に当社で家を建てて頂いたI様より、壁紙の貼り替えの

リフォームのご依頼を受けました001.gif

聞けば近々にご自宅にお客様が来られる予定らしいのですが、

飼っているネコちゃんが壁やドアを引っ掻いてボロボロにしてしまったので

お客様が来られるまでにリフォームをされたいとの事008.gif

拝見すると、確かに気持ちのままに(!?)ガリガリと、引っ掻いて

あっちこっちの壁やドアが傷んでしまっており、傷んだ部分を隠すのに

綺麗な紙や板を貼ったり、絵を掛けたりと様々な工夫をされています042.gif
c0152017_128773.jpg

c0152017_1295079.jpg

c0152017_12102064.jpg

c0152017_122620100.jpg

c0152017_12105290.jpg
c0152017_12112753.jpg

そこで今回は猫の爪にも比較的強く耐久性の高いクロスで貼替を行うと共に、

ドアの枠も補修を行うことにしました027.gif

3日間の作業の後、ご覧の様に壁紙の貼り替えとドア枠の補修を行いました042.gif
c0152017_12163687.jpg

リビングは壁だけ貼り換え、明るいリビングになりました058.gif

ネコちゃんの爪でボロボロになったドアの枠も綺麗に生まれ変わりました
c0152017_1219433.jpg

トイレも大変身!
c0152017_1220365.jpg

玄関ホールは腰から下の傷んでいたクロスを貼り換えたのですが、

既存との取り合い部分は帯状のデザインクロスを貼って綺麗になりました
c0152017_12224735.jpg

c0152017_12234825.jpg

c0152017_1224509.jpg

綺麗にリフォーム出来て、これならお客様も安心してお招き出来ますね016.gif








[PR]

# by lala200year-chiba | 2016-03-18 12:32

やっぱりあった方がイイね!

リフォームのモデルハウス開設にあたり、お客様からご要望の多い

手摺を取り付け、実際に触れて頂くことにしました016.gif

今回取り付ける手摺は2か所なのですが、まずは一般的な廊下などに

取り付けるタイプの横棒の手摺を取り付けます001.gif
c0152017_12531880.jpg

リフォームの手摺の取り付けの場合、手摺を取り付けて力を入れても

しっかりと取り付けられるように下地用の板材を取り付けます
c0152017_12591116.jpg

はい!完成です066.gif
c0152017_1259535.jpg

取付の時間は約1時間弱でしょうか、結構速く出来ました024.gif
c0152017_1314950.jpg

続いては玄関ですが、こちらは靴を脱いで上がるための段差があります039.gif

そのため段差に合せた形状の手摺にしました016.gif
c0152017_1323863.jpg

靴を脱ぐ時、靴を履く時、上がったり下りたりなど、色々なシチュエーションが

考えられるので、それに合わせた形状の手摺にしました001.gif

「手摺の取付け」と聞くと、お年を召した方のための住宅設備と

考えられがちですが、これって意外とあると便利なんですよ005.gif

たとえば小さいお子さんの場合、身長に対して頭が大きいため、

(解り易く言うならばサザエさんちのタラちゃんやカツオやワカメちゃん)

バランスが崩れやすいので、玄関の上がり降りなどの時に

手摺があると良いみたいですね016.gif

また、女性の場合などは今の季節はブーツを履いたり脱いだりするので

やはり何か掴まるものがあると便利なのではないでしょうか001.gif

今までは「そんなの要らない!」と、やせ我慢(!?)しておりましたが、

使うと便利なので、自宅にも付けてみようかな・・・と、検討中です012.gif

もし、よろしければご自宅にいかがでしょうか016.gif

ご連絡、お待ちしております058.gif








[PR]

# by lala200year-chiba | 2016-02-28 13:13

YOUの名は・・・プラマードU

ちょっと前まで新築住宅造りのお手伝いをさせて頂き、色々な意味で

窓の重要性を日々の仕事を通じ、感じておりました001.gif

新築では今やガラスが2重のペアガラス(複層ガラス)の使用が

当たり前になっており、遮音性はもとより、断熱性が大きく向上し、

省エネ住宅の一翼を担っています016.gif

リフォームにおいてはそっくりサッシの交換となると、外壁や内壁を

壊して工事を行う必要が出てくるため、そっくり交換するにはちょっと

金銭面を含めハードルが高いイメージが強いです042.gif

では、どうするか?039.gif

色々方法はありますが、今回はその方法の一つを実際にやってみました016.gif

既存のサッシの内側にもう一つサッシを取付けるインナーサッシです027.gif

音楽室の防音ルームや幹線道路や航空機の騒音などの対策で

採用している工事なのですが、「内側にもう一つサッシを取付ける」とは

どういうことなのか、今回は実際の取付けをご紹介してみましょう001.gif

今回インナーサッシを取付けるのは弊社リフォーム館のこちらのサッシ013.gif
c0152017_22421313.jpg

事前に職人さんに取付時間を聴いてみると「大きさにもよりますが、

大体1ヶ所あたり30分から1時間位ですかね」とのこと027.gif

えっ!そんな時間で取付け出来るの!005.gif

そうか!そうなんだ!・・・では実際の取付を見せて頂きましょう001.gif

まず左右それぞれのサッシ枠を取付けます018.gif
c0152017_22511797.jpg

次に上下それぞれのサッシ枠(一般的に言うレールですね)018.gif
c0152017_2252587.jpg

「これで準備完了です」001.gif

えっ!もう準備完了なんですか?

「ハイ、後は持って来たサッシの取付(入れ込み)です」027.gif

ここまでの所要時間は約20分位でしょうか、いろいろとこちらからの質問の

受け答えをして頂きながらの作業(忙しいのに色々聞いちゃてゴメンナサイ)

なので、実際の作業はもっと早いのかも知れませんね016.gif

でも、ちょっと心配な部分もありました、それはここ、クレセント部分ですね039.gif
c0152017_2352651.jpg

窓を開ける時にレバーをクルッと回転させるのですが、このままの状態で

クレセントが途中で止まったままにしておくと、これから取付けるインナーサッシに

ぶつかってしまうのではないでしょうか008.gif
c0152017_23133425.jpg

「どうなの、これ、大丈夫?」039.gif

「安心して下さい!ちゃんと開きますよ!」と、言ったかどうかは定かでないが・・・023.gif

要するに簡単に説明すると、クレセントを操作する時はインナーサッシを

最後まで開けてから操作し、クレセントを180度回転させるので、インナーサッシに

ぶつかるトラブルは、実際はあまり無いとの事でした027.gif

でもちょっと心配なので、何か対策があるか聞いてみると、

「安心して下さい!クレセントを小さいサイズに交換出来ますよ!」と、

正確にこう言われたかどうか、記憶は定かでないですが・・・まぁ、これと同様の

お返事を頂いたと思って頂ければ・・・よろしいのではないかと・・・思いますが023.gif
c0152017_2328436.jpg

職人さんはカチャカチャとクレセントを取り外し、コンパクトなクレセントに

あっと言う間に交換してしまいました005.gif
c0152017_23281514.jpg

なるほど!これなら大丈夫だ!006.gif
c0152017_2333435.jpg

その後職人さんは残りのサッシをはめ込み、細かい調整と仕上げを行い

なんと、あっと言う間にインナーサッシの取付け作業が完成です016.gif
c0152017_23331873.jpg

サッシの上の部分も027.gif
c0152017_23334248.jpg

サッシの下の部分も027.gif
c0152017_23364292.jpg

サッシの真ん中の部分も027.gif
c0152017_23345552.jpg

綺麗に取付が出来て、無事完成です024.gif

ここまでの作業時間は約45份でした(余分な質問や雑談も入れてね!)006.gif
c0152017_234937100.jpg

ピッタリ綺麗に取付けられたインナーサッシにあのキャラクターの皆さんも

これには驚きの様子です005.gif
c0152017_23351059.jpg

「凄い!これなら安心だね!バイキンマンも入れない!」006.gif

「アンパンマン、このサッシ何て言う名前なの?名前だけでも教えてよ!」039.gif

「取付簡単、冬暖かくて夏涼しい、防音効果も抜群のこのサッシの名は」013.gif
c0152017_23352662.jpg

近代ホームリフォーム館にてご覧頂けます058.gif







[PR]

# by lala200year-chiba | 2016-02-11 07:10

ならば燃やしてみましょう!

先日当プログでご紹介した樹脂サイディングですが、実際の使用にあたり

やはり気になるのは万が一の火事について、果たして大丈夫なのか?

樹脂性の外壁材だからこそ、誰しもこの心配が頭の中を過るのだと思います009.gif

メーカーのカタログには自己消化性を有しているため、火元が無くなれば

燃え広がることは無く、防火認定構造も各種取得してあると書かれており、

火災に対する対応も出来ているようです027.gif
c0152017_15365074.jpg

なるほど・・・本当か?013.gif

ならば実験して確かめてみよう!001.gif

早速樹脂サイディングのサンプルと共にガスライターのチャッカマンと

ガストーチバーナーと万が一に備えて消火用のホースを準備して、いざ実験!017.gif
c0152017_14354265.jpg

まずはガスライターを用いて端から火を付けてみます045.gif
c0152017_14355940.jpg

「パチッ!」とライターの着火音と共にチョロチョロとしたオレンジ色の火が

樹脂サイディングを焦がしていきますが、火が燃え移ることはありません009.gif
c0152017_143663.jpg

樹脂サイディングの端が少し焦げた程度です013.gif
c0152017_14364771.jpg

そうか、そうなのか、ならばこれではどうだろう?と、いよいよ1400℃の

高温の火炎が発生するガストーチバーナーの登場です005.gif
c0152017_14382921.jpg

いざ!勝負!!031.gif

しゅぼうぉーーー!
バーナーの音と共に赤い炎が樹脂サイディングを焦がしていきます042.gif
c0152017_14384052.jpg

正面から!013.gif
c0152017_143936.jpg

火が着火しそうな端から!013.gif
c0152017_14391587.jpg

火に弱そうな取付用のビス穴付近から!013.gif
c0152017_14392443.jpg

正面から穴が開くまで一点集中!013.gif
c0152017_14394421.jpg

う~ん、どうだ!真っ黒焦げだ!031.gif
c0152017_14395565.jpg

おっ!そう言えば確かに焦げるだけで火が燃え移って燃え広がらないぞ!005.gif

炎で穴が開くほどに焦げているのに・・・046.gif
c0152017_14401991.jpg

裏はどうだろう?013.gif
c0152017_14403360.jpg

おおっ!裏側は熱で歪んでいるものの、そんなには焦げていない!005.gif

なるほど!確かにこれなら隣の家が火事になっても、火が燃え移って

燃え広がり、延焼することも無さそうだ!016.gif

これなら安心だ!!058.gif









[PR]

# by lala200year-chiba | 2016-02-04 07:10

おおっ!こんなに軽くなるんだ!

築11年の我が家に設置されているシャッターが開け閉めする時に

重くなり始め、おまけに時々引っ掛かって動かなくなってしまう事もあるため、

どうしようかな・・・と、最近思っておりました015.gif

昨年お客様で体の調子が悪いためにシャッターを電動にされたお客様が

いらっしゃり、当プログでもご紹介させて頂きましたが、その時のメーカーの

サービスマンがメンテナンスされると軽くなりますよ!とおっしゃられていたのを

思い出し、今回我が家では予算の関係もあるので(それが1番の理由ですが・・・)

メンテナンスを行ってもらう事にしました001.gif
c0152017_143085.jpg

約1時間程のメンテナンス作業をして頂き、作業完了後、サービスマンの方から

「終わりましたので開け閉めしてみて下さい」027.gifと、言われ

果たしてどの位軽くなるのだろうか?と、半信半疑でシャッターを閉めてみると

おおっ!なんという事でしょう!開いているシャッターを下げる手を放しても

あれだけ重くなっていたシャッターがスルスルと、勝手に下りて閉まる程に

軽くなっているではありませんか005.gif

こんなに軽くなるとは・・・、もっと早くメンテナンスすれば良かった・・・021.gif
c0152017_1430208.jpg

メンテナンス作業をされたサービスマンにお伺いした所、使用している潤滑油が

5年位で劣化が始まり、だんだん開閉が重くなってくるとの事027.gif

でもメンテナンスさえすれば軽いシャッターに戻るので、定期的にメンテナンスを

するのがシャッターも長持ちするのでお薦めとの事でした016.gif

そう、そうなんですよね、自分も仕事していて良く解ります001.gif

早目、早目のお手入れが一番痛みが少なく、長持ちするんですよね012.gif

普段その様に話しながらも、自分自身でも改めて実感した出来事でした058.gif









[PR]

# by lala200year-chiba | 2016-02-03 09:10

ビックリ!あの方もお薦めでした!

昨日は近代ホームグループで毎回大盛況の住まい塾を

福岡大学 須貝教授を講師に迎えて開催させて頂きました016.gif
c0152017_20245629.jpg

つい先日当ブログでご紹介させて頂きました樹脂製のサイディングについて

どう思われるか須貝教授にお伺いしたところ、この製品について、なんと005.gif

須貝教条はご存じであり、しかもよく知っていらっしゃるとの事001.gif
c0152017_20252791.jpg

どうしてご存じなのか、お話をお伺いすると、北海道の様な寒冷地では

冬場水分が凍り付くため、水気を含むことの無い樹脂サイディングは

凍害による影響を受けないため、耐久性も高いこともあり、とても良い

外壁材であると、おっしゃられておりました013.gif

そのような外壁材について、色々とその有効性について研究をされて

いらっしゃった事もあり、製品については大変良くご存じでおられました001.gif

もともと樹脂製品は熱を伝え難いのですが、その熱が伝わり難い

樹脂サイディングに銀色の遮熱シートを併用することで夏場の

熱対策も可能となり、住環境の改善にも役立つとの事027.gif

今回、モデルハウスに樹脂サイディングを一部貼りましたが、まさに

その通りで遮熱の性能を有効に生かせるリフォームが出来るそうです016.gif

須貝教授のお言葉に、心強いバックアップを頂いた感じとなり、

これからのリフォーム事業がとても楽しみです024.gif







[PR]

# by lala200year-chiba | 2016-02-01 20:48

暑い!どう言うこと???

今年の冬はお正月から暖かかったり、そうかと思えば急に寒くなり

雪が降ったりと、気温の寒暖差が大きく、体調を崩されていらしゃる方も

多いのではないでしょうか042.gif

そんな先日の暖かい日に、弊社のモデルハウスの庭で作業をしていると

太陽を背にしている筈なのに、なぜか正面から暑い日差しを感じました005.gif

何だろう???と思い、顔を上げてみると、モデルハウスのガラスに

太陽光が反射して、こちらをギラギラと照らしているではありませんか004.gif
c0152017_2054119.jpg

まさに「暑い!」と、感じるほど窓ガラスが太陽光線を反射し、その反射熱を

正面から受けている感じでした005.gif

「確かあの窓のガラスは熱を反射して部屋の中に入れない遮熱ガラスだった筈・・・」

そうなんです、それ程までに性能の高い省エネ住宅のサッシは太陽光を

反射して家の中に熱を入れないんですね016.gif

凄いなー、最近のサッシは058.gif





[PR]

# by lala200year-chiba | 2016-01-31 19:55

張ってみました!

おっ!これは何か?013.gif
c0152017_1975296.jpg

何を隠そう、これは樹脂製のサイディングなのである027.gif

カナダ生まれのこのサイディング、50年以上の歴史を持ち、

アメリカではサイディングのシェア40%、カナダでは60%のシェアに

達している程の普及率を有しているそうです005.gif

特徴は塗装のように剝げる事が無いため、塗替えが不要であり、

水や湿気に対して影響を受けず、樹脂サッシ同様に高い耐久性を有し

ひび割れの心配も無く、衝撃や歪みにも強い特性を持っています027.gif

また、自己消火性有しているため、燃え続けることもありません005.gif

軽量なので、リフォームで既存の壁に張っても家に負担をかける事も少なく、

お手入れも軽い汚れなどは水洗いで落とせるので、お手入れも簡単です006.gif

もちろん樹脂だからと言って変色したりする心配はほとんどありません043.gif

そんなサイディングを今回は自社のモデルハウスの一部に張ってみました016.gif
c0152017_19252866.jpg

まずは樹脂サイディングを張る前の下準備を行います001.gif
c0152017_19264317.jpg

防水と共に熱を反射するシルバータイベックと組み合わせて施工します058.gif
c0152017_19283939.jpg

サイディングなので、下から1枚1枚ビスを用いて張り上げて行きます027.gif
c0152017_1930939.jpg

c0152017_194998.jpg

c0152017_19344958.jpg


樹脂サイディングは軽量なので、比較的加工は簡単です017.gif
c0152017_1927036.jpg

ご覧の様に、比較的短時間で綺麗に張ることが出来ました005.gif
c0152017_1932918.jpg

遠くから見ても違和感はありません016.gif
c0152017_1934915.jpg

このサイディングの特徴は何と言っても塗替えが不要な所にあります005.gif

通常塗り壁やサイディングの場合、10年前後で塗替えが必要となりますが、

この製品は塗替え不要なので、メンテナンス費用を抑えることが出来ます058.gif

どうですか?もしご興味がありましたら、是非とも見に来て下さい001.gif

ご来場をお待ちしております016.gif








[PR]

# by lala200year-chiba | 2016-01-30 19:42

安心してください!いくらでも入りますよ!

昨年、神棚をリフォームで作らせて頂いたH様のご主人より、

新聞や回覧板など大きなサイズの物をポストに投函されると

ポストの中で投函物が詰まってしまい、具合が良く無いので

大きなポストに替えられないか?と、ご要望を受けました001.gif

詳しくお話をお伺いすると、ポストには郵便や新聞の他にカタログや

書類や書籍、回覧板等々大きなものが投函されます013.gif

しかもポストに投函される方は悪気はないのでしょうが、グイグイと

押し込むように投函するため、先に中に入れてある投函物が

ポストの中で押し潰されたり、入り口で詰まったり、挙句の果ては

押し出されて取り出し口からこぼれて床に落ち、雨に濡れてしまったり

更に少し長めの旅行などに出掛けると、入りきらなくなったりと、何かと

ポストには不便を感じられているご様子です015.gif

決して今のポストが小さいサイズでは無いのですが、でもやはり、

日々の生活の中で不便を感じている事には間違いありません008.gif
c0152017_20551717.jpg

確かに今までに他のお客様からも、この様なご経験をされていらっしゃるようで

ポストは出来れば大きいポストにして欲しい!と、ご意見を頂いております027.gif

今回はあまりコストを掛けずにポストを大きく出来ないか・・・と、相談を

お受けしましたので、いろいろとアイデアを思い浮かべ、ポストの容量を大きくする

方法を思いつき、今回ポストの改修工事を行わせて頂くことになりました005.gif
c0152017_205616.jpg

既存のポストの内側をカットしてスッポリ取り除き、被せるように

一回り大きなサイズのポストを取り付けました003.gif
c0152017_20564267.jpg

写真では解り難いかも知れませんが、容量的には少なくとも

約2.5倍位になり、硬く大きい回覧板もそのままスッポリと入る

大きさなので、お客様も大満足のご様子です006.gif

鍵付なので、不審者に勝手に持ち出されることも無く、これなら安心です016.gif














[PR]

# by lala200year-chiba | 2016-01-22 21:31